00658316
日生連公式交流掲示板
[日生連ホームページ] [『生活教育』の感想など掲示板] [アルバム] [ワード検索] [留意事項] [過去ログ]
お名前(HN)
合い言葉 ←「人間」の読みをひらがな4文字で入れてください。
タイトル
メッセージ
添付File (なるべく小さく、最大800KB)
暗証キー (英数字で8文字以内・自分の投稿をあとで修正する場合に使用。このページの一番下にあり。)
文字色
===画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。===

日生連愛知サークル11月例会案内2016年11月23日 投稿者:info637644 投稿日:2016/11/02(Wed) No.468   
日生連愛知サークル 11月例会案内
11月23日(水曜日・勤労感謝の日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室 名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容;「低学年の学びと生活 〜漢字の学習・生活科・朝の発表など〜」
 報告; 原田宏美さん・鬼頭正和 + 参加者の皆さん
 さて、次回の11月例会は、いつもの日曜日ではなく、23日 水曜日・勤労感謝の日に行います。「低学年の学びと生活」というテーマのもと、皆さんで実践交流をしたいと考えています。ぜひ、ご期待ください。そして、みんなで学び合いましょう!
 ※いつの間にか「今日は寒いねえ」なんて言ってしまう季節になりました。
「運動会」シーズンも終わって、・・・でも、ひと休み?とはいかないかもしれませんね。実りの多い2学期になるよう、いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
 ※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。
  次からの例会案内
  11月23日(水・勤労感謝の日)
  12月11日(日)
  1月22日(日)
  2月26日(日)
 3月18日(土)

日生連愛知サークル10月例会案内2016年10月16日 投稿者:info635568 投稿日:2016/09/27(Tue) No.459   
日生連愛知サークル 10 月例会案内
10月16日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容;「子どもたちと共に楽しむ算数の授業」
報告; 原田宏美さん + 参加者の皆さん 

まとめ - info637643 2016/11/02(Wed) No.467
 先日(10月16日)の10月例会は、初参加の先生3人を含めて、11人の参加者でした。原田宏美さんの「自ら取り組む楽しい算数〜九九を学ぶ意味を考える自作プリント〜」という報告をしてもらい、その後、参加者のみんなでレポートの検討と意見交流をしました。
 *啓林館の教科書の問題点
 *「忍たま」のキャラクターで展開する、かけ算の自作プリントの紹介とその作成意図
 *原田宏美さんの得意技? 様々な魅力的自作教材・自作教具
 *かけ算の意味を教えるとは? 特に、「1あたりの数(量)× いくつ分」をどう教えるか?
 *原田さんの実践のベースになっているものは? 「気になる子」「つまずいている子」へのまなざし
 *“つまずき”の大切さ・子どもの「分かり方」の違い・子どもの発達観
 *「おもしろさ」「楽しさ」と学習
 などが話題になりました。
     (文責;鬼頭)


山口サークル10月例会報告 投稿者:西本勢津子 投稿日:2016/10/02(Sun) No.461   
山口サークルも10月1日に10月例会を行いました。内容を報告します。

夏休み明けから1ヶ月、それぞれの実践を抱えて会場に集いました。今回も、旬の野菜をふんだんに使ったお昼ご飯を用意してくださっていて、私たちはいつも、心のこもった料理でお腹も心も満たしてから、サークルを始めます。

◯今回のレポートは2本。
・「一人ひとりが主人公 秋季運動会での取り組み〜応援合戦の指導を通して」
・「子どもと本をつなぐ」

全校11人の島の学校の運動会。今、特別活動が軽視され、教師主導でさせられることが多くなってきている中で、子どもたちが、自分たちのやりたいことを出し合って、一つの表現を創っていく過程にこそ、価値がある実践。

市の読書推進員として、詩の紹介や紙芝居・本の紹介に取り組む実践。学校の中で「保健室」や「図書室」は子どもたちにとっては「教室」とは違う空間。ゆったりとやりたいことに取り組んだ仕事は、忙しすぎる子どもたちや先生たちに「ことばの文化」を、豊かに提供しています。

◯さらに、近況報告。
2年3年の複式学級で、「漢字をいくつ使ったでしょうクイズ」ー教科書ではこれまでに習った漢字を使って、挿絵を見て文を書くと言うものですが、習ってない漢字も書きたい!という子どもたちに、漢字辞典の引き方を教えたら、どんどん、難しい漢字も使います。そして、その子の生活が溢れている文を、子どもたちがクイズという形を通して交流するできることも生活教育らしさが光る実践と言えます。

新米お父さんの先生は、娘さんにせがまれて何度も何度も、同じ本を読み聞かせているという幸せそうな話。たくさんもらった絵本を並べていているのに、お気に入りの本は2冊。絵本を介して、お父さんという「心の基地」を感じて安心している娘さんの笑顔が、目に浮かびました。

最後に児童支援という立場で、たくさんのSOSを受け止めて日々過ごしている中で、今回はその中の一つ「母子分離不安の子どもと関わる毎日」を報告。本人には安心して教室で過ごせるための提案をしながら、不安になるお母さんも支えている。そのうちに、不安を生み出している背景も見えてきて、カウンセラーとも連携を始めたところまでが今回の報告でした。

以上、10月例会もとても充実していました。次回は、冬季休業中の1月7日(土)です。皆さん!ご参加ください。






大阪サークル 10月例会報告 投稿者:osaka 投稿日:2016/10/02(Sun) No.460   
大阪サークルは、10月1日に例会を行いました。
内容を簡単に報告します。

大阪サークル 10月例会 報告
その1 ミニ学習会 「自分が自分であっても大丈夫ーLGBTを学ぶ」
話した内容
(1)LGBTの人との関わり、学校について
・女の子のズボンなど、些細なことで知らずに傷つけているかもしれない。
・担任をしたとき、LGBTの子にどう配慮するか考えたい。
・LGBTの子が嫌な思いをしない学校生活になればいいな
と思う。
・LGBTの人と関わることがあり、話を聞くとカミングアウトして受け入れてもらえるか不安と言っていた。また「私は私として受け入れてもらえるように仕事を頑張る」(男女ではなく仕事で認められたい)ということに辛さがあるように思う。
・カミングアウトについて、教師のスタンスでカミングアウトしやすいかが変わってくる。例えば、ポスターや関連する本が学校にあるだけでもずいぶん違ってくる。

(2)社会について
・大学でいろいろ自主的な活動を行っているが、この問題についてはなかなか理解が広まらない。
・LGBTの人がいるということを知るだけで終わらずに、当事者の辛さや思いを理解できるようにならないといけないとおもう。
・昔は聞かなかった言葉。男女を分けるものとは何か
考えさせられた。
・マイノリティとマジョリティの問題である。少数派が大事にされる社会ができてきたからこそ、この問題が取り上げられるようになったのだと思う。多様な違いを認め合い、一緒に生きていこうという人が増えたことで、当事者が声を上げやすくなった。
・学校で男女混合名簿など、そういうことで、LGBTの子のしきいが低くなると思う。
・肢体不自由の学校では、トイレ介助やおむつの交換が必要。そういうときには、教員の工夫でしきりを作っているが、プライベートな空間で着替え等を行う環境が不十分だと感じることがある。


その2
中学校支援学級について

中学校支援学級について、一人ひとりの子どもの様子や、中学校の様子や教員の配置のことなど、いろいろな議論が行われました。
中学校支援学級の悩みに寄り添いながら、これからどうするか、一緒に考え合う話し合いができました。

日生連愛知サークル9 月例会案内2016年9月25日 投稿者:info633890 投稿日:2016/09/11(Sun) No.456   
日生連愛知サークル 9 月例会案内
9月25日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
 内容 「道徳教育を考える」
 報告; 参加者の皆さんで交流・話し合いをします 
 8月の日生連全国集会 in 京都・滋賀 は、若い先生たちや学生さんたちの姿も目立ち、とても活気のある大会でした。愛知からも、常連のメンバーに加え、初参加の方も何人かみえました。それぞれが全国の仲間・レポート・話などから元気をもらい、充電できたのではないかと思います。
 前回の7月例会では、箕浦さんの全国集会レポートの検討、日生連研究部から出された「基調報告案」の検討を行いました。
 今回の9月例会では、
 *2学期のスタートのをした子どもたちの様子・実践の交流
 *今、問題になっている「道徳教育」についての実態の交流・実践のあり方についての話し合い、 などを行います。
もし、自分のものでなくても資料などがありましたら、ぜひ持ってきてください。
みんなで学び合いましょう!
※朝晩はだいぶ涼しいと感じる日が増えてきました。2学期は、大きな行事があるので、休み明けとはいえ、もうトップスピードの方もみえるかもしれません。いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。
 ※次からの例会案内
 10月16日(日) 11月23日(水・勤労感謝の日)

内容(鬼頭さんまとめ) - info633890 2016/09/27(Tue) No.458
 先日(9月25日) の9月例会は、「道徳教育を考える」というテーマのもと、参加者のみんなで道徳教育について話し合いました。
 *「教科」の定義と、道徳の「教科化」は教育学的にみて可能なのか?
 *梅根さんなどの道徳についての見解
 *1時間授業として固定して行う「特設道徳」の問題点
 *今の状況の中で「やらされる」「やらざるをえない」なら、実際にどうするか?
 *「教科」と「道徳」の違い 教科は“認識”を育てるが、道徳では何を育てるか?
 *「特設」ではない、日常の“生活指導”の中でこそ
 *「小さい子には優しくしなければいけません」「ウソはついてはいけません」・・・
  など、「徳目」は表面的な「建前」に。しかし、「優しさ」にもいろいろあり、個別具体的に見ればいろいろな質があり複雑である。「ウソ」にも“やさしいウソ”もある。優しくすることで奪うものがある場合だってある。
 *今の「特設道徳」には反対だが、哲学や倫理学に通じる価値を考える、また必要な市民道徳を考える、葛藤する・見解が分かれる問題で話し合い価値の多様性を考える、・・・などを行う「取り立てての授業」は必要ではないか。
 *この間まで行われていたリオ・オリンピック、パラリンピックに関しても、「道徳の授業」で扱うといいかもしれない「題材」がいくつもあったのでは。
   EX.マルクス・レーム選手   「国歌斉唱」  オリンピック憲章と日本の報道  転んだ陸上選手
 いろいろなことが話題にのぼりました。私にとっては、自分の「道徳」についての考えを見直すのに良い刺激になりました。
     (文責;鬼頭)


大阪サークル10月例会 投稿者:osaka 投稿日:2016/09/11(Sun) No.457   
実践報告のテーマ等決まっていないところもありますが、お知らせです。

日本生活教育連盟・大阪サークル10月例会
10月1日(土)18:00〜21:00たかつガーデン
内容
[1]ミニ学習会:雑誌『生活教育』9月号テーマ LGBTや性教育について
[2]中学校の支援学級の実践、悩み2本

ぜひご参加ください。

日生連東京サークルです 投稿者:mameda 投稿日:2016/09/03(Sat) No.455   
さて、東京サークル9月例会のお知らせです。皆さんのご参加お待ちしています。
東京サークル9月例会
〈日時〉9/23(金)19:00〜
〈場所〉和光小学校
〈内容〉
●『生活教育』読書会(実践報告を中心に)
●京都・滋賀集会のレポート交流
〈その他〉
『生活教育』2016年9月号がある方はお持ちください(お手元にない方もだいじょうぶです)。
どうぞよろしくお願いいたします。
北嶋晃吉(きたじま・あきよし)

日生連山口サークルです 投稿者:西本勢津子 投稿日:2016/09/03(Sat) No.454   
山口サークルは、夏の集会の夜、総会の討議を受けて、これからのことを話し合いました。それで、早速、8月28日(日)に、『日生連山口サークル出前講座《数楽ゼミナール》』を開催しました。算数部会でレポート報告した洲山喜久江さんの「子どもとつくる算数の授業 〜たし算・ひき算〜」を若い先生に紹介する企画でした。

今、山口でも「スタンダード授業」と言って、みんな同じ型の授業をするように研修が進められています。効率よくソツのない授業、学力テストで点数が取れる授業が求められています。洲山実践は、お話クイズで対話する「わくわく・楽しい」算数です。算数部会に私も参加して、「数教協」の理論も土台にしながら、子どもの生活と数学の世界を結ぶ「日生連」ならでは実践なのではないかと思います。

残念ながら、当日は、夏休み最後の日曜日とあって参加者は少数でした。でも、校内の研究授業を控えた新採2年目の青年教師が、友人を誘って参加してくれました。さらに、この宣伝がきっかけに、次回出前講座の声がかかり、洲山さんは、山口県山陰へもお出かけします。『生活教育』誌バックナンバーを抱えて…。これからも山口サークルでできることをしていきたいと思います。

最後に、次回山口サークル10月例会のご案内です。
〈日時〉10/1(土)13時から17時
〈場所〉外山英昭さん宅(山口市黒川)
〈内容〉
○『生活教育』ミニ学習会
○京都・滋賀集会のレポート交流
◆「朝の本の紹介・紙芝居の活動について」〜担任とは違った立場から子どもと関わること〜 藤原共子

日生連愛知サークル7月例会案内2016年 投稿者:info630850 投稿日:2016/07/14(Thu) No.453   
日生連愛知サークル 7月例会案内
7月24日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室 名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容 「1学期のクラスの子どもたち」(交流)
    「日生連 全国集会の基調提案を検討する」
       http://nisseiren.jp/2016kyoto/kityou2016.html
    「全国集会へのレポート検討」
 報告;参加者の皆さん 
 前回の6月例会では、鬼頭の「日生連の算数を学ぼう」報告をもとに、『生活教育』5月号の渡辺恵津子論文の学習、「スタンダード化」が進む学校現場の状況、それに対する日生連の算数の実践原則、大切にしてきていることは何か、などをそれぞれの実践を通して話し合いました。
 今回の7月例会では、
1学期の子どもたちの様子・実践の交流、研究部から出される今年の基調提案の検討、そして夏季全国集会にレポートを出される方もいますのでその検討、などを行う予定です。
 みんなで学び合いましょう!
※毎日、蒸し暑いですねえ!でも、負けていられませんね!
 いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。
  次からの例会案内
    8月6〜8日の全国集会(in 滋賀)に参加(例会はしません)
    9月25日(日)

夏季研究集会京都滋賀集会まであと一ヶ月です 投稿者: 浦島清一 投稿日:2016/07/07(Thu) No.452   
みなさん、日生連夏季研究集会まであと一ヶ月を切りました。
多数のみなさんの申込をお待ちしています。
今回はホテルを貸し切りなので、締め切り日を過ぎても、連絡を取っていただいて申し込んでください。
事務局は 浦島です。
090−3164−3285
urashima@sky.hi-ho.ne.jp
よろしくお願いします。

浦島清一

日生連愛知サークル6月例会案内2016年 投稿者:info629509 投稿日:2016/06/11(Sat) No.451   
日生連愛知サークル 6 月例会案内
6月19日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容 「日生連の算数を学ぼう」〜実践の中で大切にされてきたことは?〜
 報告者; 鬼頭 正和 さん ・ 原田 宏美 さん 他
 前回の5月例会では、山田隆幸さんが日生連が今まで大切にしてきた実践原則を、川合章さんの文章なども紹介されながら語っていただきました。
 今回の6月例会では、『生活教育』2016年5月号の特集「すてきだね この関係〜共感が生まれる算数教育〜」を参考にしながら、日生連の算数実践をお互いに学び合いたいと思っています。
 今、学校現場では、「○○スタンダード」などが強制され、教科書だけを鵜呑みにした、子どもの実態からは遠ざかるような授業が多くなってきています。
 そんな中、日生連では、そして具体的には算数という教科で、何を大切にし、どのようなことを実践の原則にしてきたのかを共に検討し学んでいきたいと思います。
  参加される皆さんからも、自分の取り組み、教材や教具などを持ち込んでいただけるとありがたいです。みんなで学び合いましょう!

※もう夏本番のような日がありますね。お互い、暑さに負けず元気を出していきましょう! いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。
次からの例会案内
    7月24日(日)
    8月6〜8日の全国集会(in 滋賀)に参加(例会はしません)
    9月25日(日)

日生連愛知サークル5月例会案内2016年 投稿者:info628111 投稿日:2016/05/15(Sun) No.450   
日生連愛知サークル 5月例会案内
5月22日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
 内容;「教育実践の“原則”を考えてみよう 」〜日生連の実践とは?〜
 報告者; 山田 隆幸 さん 他
 アクティブラーニング、○○スタンダード、「黄金の3日間」、文科大臣の「脱ゆとり宣言」、・・・ 様々な言葉が私たちの頭の上を飛び交っているような感じがします。
 そのような中で、日生連の愛知サークルとして、何を大切にし、どのようなことを実践の根幹に据えていくことが必要なのかを考え合いたいと思っています。
 参加者の一人ひとりからも、現在の自分の問題意識を率直に出していただけるとありがたいです。
みんなで学び合いましょう!

※急に「暑いなあ」と思うような日が増えてきました。みなさん、体の調子は大丈夫でしょうか?
 いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。

 次からの例会案内
 6月19日(日)
 7月24日(日)
 8月6〜8日の全国集会(in 滋賀)に参加(例会はしません)
 9月25日(日)

要項ができました 申し込みを! いくつかの訂正(京都・滋賀大会) 投稿者:浦島清一 投稿日:2016/04/30(Sat) No.448   
1 振込先は要項に書いてありますが、他銀行で支店名と番号という形で申し込みをする場合
 ゆうちょ銀行 【店名】四四八 【店番】448 【番号】0699923
です。

2 8月8日の集会最終日は「琵琶湖大花火大会」です。
 それをご覧になりたいと思う方は、各自で宿泊場所を確保してください。現在のアヤハレイクサイドホテルにも、各自で申し込みください。例年混み合いますし、なかなか宿泊が難しいです。
 場合によっては少し場所を話してとった方がいいです。しかし、花火大会終了から多数の人ですので、大変混雑しますことを御理解ください。
 実行委員会としては斡旋はしませんのでよろしくお願いします。

3 要項の訂正です。
 生活教育講座の「制野先生」の名前を間違えてしまいました。お詫びして訂正します。
 ×制野俊宏   ◎制野俊弘

みなさん申し込みをよろしくお願いします。


  

日生連愛知サークル4月例会案内2016年 投稿者:info625721 投稿日:2016/04/12(Tue) No.446   
日生連愛知サークル 4月例会案内
4月17日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容;「牛さんとなかよくなったよ! 」(仮題)
報告者; 箕浦 啓太 さん
 特別支援学級を担当している箕浦啓太さんが報告してくれます。
昨年度、一年を通して取り組んだ「生活単元学習」・「総合学習」のまとめの報告です。個性的な子どもたちが、牧場の牛と、様々な人と、そして仲間たちと出会っていきます。
悩みながら迷いながら、取り組みの中で教師自身が成長していく・子どもたちと出会っていくことが感じられる報告になると思います。
箕浦さんの報告をぜひ聞いてください!
そして、みんなで学び合いましょう!

※例会の案内が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
※また新しい年度が始まりました。みなさんはどんな4月のスタートを切ったでしょうか?
 年度初めでいろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。

次からの例会案内
5月22日(日) 
6月19日(日)

2016春の研究集会in東京5月8日 投稿者:info623496 投稿日:2016/03/27(Sun) No.445   
お誘い合わせの上、ご参加ください。
この投稿に添付のチラシ(pdf)を印刷して活用してください。

2016年5月8日(日)13:00〜16:00
会場 エデュカス東京 地階会議室

―――――――――――――――――――――――――――――
日本生活教育連盟主催 2016春の研究集会in東京
“世代をつなぎ、他者とつながり、希望をつむぐ”

第1部 総合学習実践報告
とびだせ!ぽんぽこたんてい団!
〜子どもの持ち込んだものから広がる授業〜
実践報告者  米田 梢さん(東京都・和光鶴川小学校)
コメンテーター  桑原紀子さん(樹の会)

第2部 学級づくり・ワークショップ
出会いを楽しく、豊かに〜親とつながり子どもとともに育つ〜
実践報告者&ファシリテーター 小磯政行さん(埼玉県・公立小学校)

2016年5月8日(日)13:00〜16:00
受付12:30〜  終了後、付近にて懇親交流会を催します。

会場 エデュカス東京 地階会議室
(地下鉄有楽町線「麹町」駅より徒歩2分、「市ヶ谷」より8分)
資料代 一般500円 学生100円


添付:445.pdf (141KB)

日生連愛知サークル3月例会案内2016年 投稿者:info621604 投稿日:2016/03/09(Wed) No.442   
日生連愛知サークル 3 月例会案内
3月13日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容; 「大変な学級の子どもたちが作り広げた読みの世界」
報告者; 鎌倉 博 さん
今年度から名古屋芸術大学で教えてみえる鎌倉博さんが報告してくれます。
いろいろな課題を抱えた子どもたちがいる小学校2年生のクラスでの取り組みです。毎日のようにみんなで詩を読み合い、だんだん詩を読む楽しさを感じ、自分たちでも詩を作るようになっていきます。
 多くの教員がその指導に困っている“国語”。日生連の国語を学び、考えていきましょう!
※例会の案内が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
※3月とは思えないくらいの暖かさですねえ。今年度も「まとめ」の時期がやってきました。
 いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。

日生連愛知サークル2月例会案内2016年 投稿者:info620108 投稿日:2016/02/11(Thu) No.441   
日生連愛知サークル 2 月例会案内
2月21日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容; 「一斉授業の苦手な教師の授業?論」
  報告者; 山田 隆幸 さん
 歴史的に見ると、大正自由教育・生活学校・生活綴り方、戦後の新教育・問題解決学習そして、 生活科・綜合学習(学習指導要領に組み込まれる前からありました)、最近は学び合い学習(共同学習)・・・・・・管理教育・注入型に抗して、一斉授業を克服する取り組みが、絶えず続けられてきました。
日本生活教育連盟に惹きつけられるのは、こういう子どもが活躍する教育創造の中心を担ってきたからです。
いちばん楽しかったのは自主的集団活動(教科外教育)だったのですが、昨今の学力向上運動への危機感から、教科教育について、私の実践を含めて、歴史的な歩みを語りたいと思います。
 少人数対応、専科教員の導入など担任のあり方がずいぶん変化している現在、可能性を考えて下さい。(山田隆幸さん本人の内容紹介)  

今回の2月例会では、山田隆幸さんに 報告してもらいます。日生連としての理論化・実践の意味づけに、“執念”(?)を燃やしている山田さんです。久しぶりの、熱い山田さんの語りを聞き、みんなで学びましょう!
※2月らしく冷たい日もありますが、昼間の陽射しは春が近づいてきているなあと感じさせてくれます。
 いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。
  次からの例会案内 3月13日(日) 

東京・ペスタロッチー祭2016年2月14日 投稿者:info619312 投稿日:2016/01/29(Fri) No.440   
2016年「東京・ペスタロッチー祭」のご案内
 寒中お見舞い申し上げます。
 温かく穏やかな年末・年始でしたが、先日は大雪の「初雪」が……。お元気にお過ごしのことと存じます。
 今年も下記の日程で「東京・ペスタロッチー祭」を開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
 *と き:2月14日(日)  午後1時〜
 *ところ:全国教育文化会館「エデュカス東京」 3F「全教共済会議室」
 *講 師:長田 五郎氏 ( 横浜市立大学名誉教授 )
「日本ペスタロッチー運動の歴史
  −長田 新の絶筆論文を中心として−」
 
 〔 近著紹介 〕 小川 修一
黒澤英典著『 ペスタロッチーに還れ−教育的格差・貧困・偏見に挑む− 』( 学文社刊 ) を読む

 いま、日本の、子ども・教育は……?
 「貧困・格差」社会、「いじめ・学びからの逃走」のあえぐ子どもたち……
 ペスタロッチーが「生きて」いたら、どう分析し、どんな発言をされただろうか?
 ペスタロッチーの遺した偉大な遺産に学ぶべき課題を学び合いたいものです。


添付:440.doc (26KB)

日生連大阪サークル2月例会案内 投稿者:osaka 投稿日:2016/01/24(Sun) No.439   
2月例会のご案内
 2月6日(土)18:00〜21:00   たかつガーデン705号室
●ミニ学習会 「生活教育」1月号特集テーマ
「わかってよ!!わたしたちのことを」−『発達障害』の理解を通して、子ども・保護者に寄りそう
 発達障害について、通常学級や支援学級の担任、保護者、相談支援など様々な立場の実践が紹介されています。論文では、発達障害の特徴と活動作りに大切な視点が書かれています。
 一緒に学んでいきましょう。

●実践報告 小学校
「子どもたちが生きる国語教育―海の命をみんなで読み合うー」

●フリートーク・交流
 日頃の悩みや、実践についての思いを交流しましょう。

日生連愛知サークル1月例会案内(20160114) 投稿者:info618379 投稿日:2016/01/15(Fri) No.438   
日生連愛知サークル 1月例会案内
1月24日(日曜日)10時〜12時半 (午後も引き続きあります) 
岩倉生涯学習センター会議室 名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容;〈学び続ける教師〉の本格的スタートとしての〈卒業論文〉ー卒論での〈研究〉がその後の人生にとって持つ意味
  行政サイドからも「学び続ける教師」が提唱されています。生活教育としては、自主的にサークルに参加するなど、それぞれの実践とともに主体的で自由な、また共同的な〈研究〉を続けていく視点を持つことが大事だと思います。その出発はなんと言っても、大学4年間をまとめる〈卒論〉だと思います。ただ字数を稼ぐだけの卒論でなくその後の人生を開いていく卒論はどのようにして書くのでしょうか。どのように〈指導〉するのでしょうか。卒論についてはこれまで『生活教育』の1ページ連載でもたびたび取り上げてその重要性を強調してきました。それに加えて、これまでの卒論(修論)指導について考えてきたことを話したいと思います。また、みなさんの卒論が今どういう意味を持つか、修論にどんなふうに取り組んでいるか、どのように学生を指導しているかなどじっくり交流できればと思います。このところ議論になっている「実践記録」についても、卒論の〈続編〉と位置づけると、また深い意味が見えてくると思います。
報告者; 加藤 聡一 さん(名古屋芸術大学)
  今回の例会では、名芸大の加藤聡一さんに 報告していただきます。
また、他県の日生連関係、地元の大学研究者の方たちも参加される予定です。
授業や学級づくりの取り組みではありませんが、大学での取り組み、実践を書くことの意味など、大いに学び合いましょう!

※新しい年が明け、1月になりました。今年の1月は不思議なぐらい暖かいですねえ。畑の菜の花が満開に咲いていたりします。体調を崩している方はありませんか? いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ例会にご参加ください。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。
※なお、午後からも同じ会場において、加藤聡一さんを中心に、「卒論」指導についての交流会を予定しています。関心のある方は、ぜひ午後からの交流・学習にもご参加ください!
 次からの例会案内
    2月21日(日)   3月13日(日) 

冬の研究集会in東京2016年1月5日 投稿者:info615726 投稿日:2015/12/26(Sat) No.437   
日本生活教育連盟主催 冬の研究集会in東京 のお知らせです!
世代をつなぎ、他者とつながり、希望をつむぐ−日本生活教育連盟70周年に向けて−
2016年1月5日(火)13:00〜16:00(受付12:30〜)
会場 成城ホール(小田急線成城学園前駅より徒歩4分)
講演 子どもの笑顔にあいたくて−○○ってすてきな仕事、子どもってすばらしい!−金田一清子さん(東京都元小学校教員)
実践報告 「親とつながり子どもとともに育つ」(京都府公立小学校2年目の女性教員)
資料代 一般500円 学生100円
お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。
終了後、近隣で懇親会


添付:437.pdf (661KB)

第51回石川冬の集会(石川サークル) 投稿者:info615725 投稿日:2015/12/26(Sat) No.436   
第51回石川冬の集会
テーマ 「子どもと地域に根ざした教育の追求」
とき 2015年 12月26日(土) 27日(日)
ばしょ 湖畔の宿「森本」(加賀片山津温泉)

今年も、石川冬の集会のお知らせの季節になりました。
今年で、51回目を数えますが、毎回100名を超える参加者があります。
今年も、ぜひ、みなさんに参加していただきたくお知らせします。
聞くところによると、沖縄からも今年は参加者があるようで、ミニ全国集会の様相を呈しています。
ぜひ、みなさんこぞって参加ください。



添付:436.doc (148KB)

北海道生活教育研究会第38回冬の研究集会(北海道サークル) 投稿者:info615723 投稿日:2015/12/26(Sat) No.435   
北海道生活教育研究会 第38回冬の研究集会のご案内
と き  2016年1月9日(土)・10日(日)
ところ  札幌市生涯学習総合センターちえりあ 2階大研修室
第39回冬の研究集会の案内ができました。
遠い北海道ですが、中身はかなり濃いものになります。
今回は北海道のメンバーと徳水さんが「地域と教育」について語り合います。

くわしくは要綱、または以下HPにてどうぞ。
http://www.dabohaze.net/seikatsukyouiku/



添付:435.pdf (585KB)

日生連愛知サークル 9月例会(13日、2015年) 投稿者:愛知サークル599806 投稿日:2015/09/05(Sat) No.434   
日生連愛知サークル 9月例会案内
9月13日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容;牛さんとイライラと、時々えがお
報告者; 箕浦啓太 さん
 ※2学期が始まりました!子どもたちとの久々の再会に、新たなエネルギーがわいてくるのを感じてみえることと思います。
秋雨前線が停滞し、雨の続くスタートですが、体調はいいでしょうか?
さて9月、夏休み気分から早く抜けて、実のある2学期・3学期を創造していくためにも、ぜひ例会にご参加ください。
9月例会は、箕浦啓太さんが、5月例会で検討した生活単元学習のその後を報告してくれます。学校近くの牧場にいる“牛”をめぐっての、特別支援学級の子どもたちの学びの様子・経過を詳しく語ってもらいます。
箕浦さんの新鮮な実践から、お互い大いに学びましょう。
※例会・交流会(例会後の昼食会)にもおいで下さい。
次からの例会案内
  10月18日(日) 
 11月15日(日) 
 12月20日(日)

京都滋賀サークルやります! 投稿者:浦島清一 投稿日:2015/09/03(Thu) No.433   
9月13日(日)1時半より
立命館大学朱雀キャンパス217におきまして
「第2回子ども理解と教育実践を語る会」行います。
小学校と中学校からのレポートがされる予定です。
会場はJR二条駅から徒歩5分のところにあります。
多数参加ください。

たのしい教育サークル〈ポッケ〉夏の講座 投稿者:何森真人 投稿日:2015/07/29(Wed) No.432   
何森@大阪サ連協ほか、です。

8月17日(月)の午後から、岸和田市労働会館(大阪)で、日生連の木村久男さんを迎えて講座を行います。よろしければ、ご参加下さい。

 ●日 時 : 2015年8月17日(月)午後1時20分〜4時30分
 ●主 催 : たのしい教育サークル《ポッケ》
 ●会 場 : 岸和田市労働会館3階(第一会議室)
 ●内 容 : 1:20-2:20 講座『まるごとものづくり』
       2:30-4:30 講演『さあ、子どもたちと出会い直そう!』木村久男さん
 ●資料代 : 500円


添付:432.pdf (250KB)

東京大会プレ集会4のご案内 投稿者:きたじま 投稿日:2015/07/12(Sun) No.431   
 いよいよ大会当日まで一か月となりました。最後のプレ集会では、宮城でご活躍されているおふたりの先生をお迎えして、学びを深めます。
 遠方からいらっしゃる方々もいると伺っています。ぜひたくさんの方のご参加をお待ちしています。

***

東京大会プレ集会 第4弾のお知らせ

●2015
7/18(土)14:00〜 (受付13:40〜)

「世代をつなぎ 他者とつながり 希望を紡ぐ ―宮城発、困難に直面している子どもたち」

 14:05〜
講演「命と向き合う教室 〜綴ることは生きること〜」
 ―制野俊弘さん(中学校教員/NHKスペシャル「命と向き合う教室」に出演)

 14:55〜
講演「地域復興と学校教育との新たな連携をめざして」
 ―徳水博志さん(元小学校教員/日本生活教育連盟会員)

 16:00〜
お二人を囲んでのシンポジウム
 
 16:50〜
夏の全国集会のご案内「谷川俊太郎に会える東京大会へ」

●会場 大東文化大学 3号館30113教室(板橋区高島平1-9-1)

●参加費 一般・会員500円  学生100円

******

大阪サークル・7月例会のお知らせ 投稿者:k-gucchi 投稿日:2015/06/21(Sun) No.430   
7月例会のご案内
 7月4日(土)18:00〜21:00   たかつガーデン 3F橘

●ミニ学習会 
「『気になる子』発達の糸口はここに」 「生活教育」6月号特集テーマ

●実践報告 「子どもの思いをくみ取る支援学級づくり」

●フリートーク・交流

大阪・さつき集会報告 投稿者:k-gucchi 投稿日:2015/06/21(Sun) No.429   
今年のさつき集会は、昼の部と夜の部を合わせて20名くらいの参加がありました。
当日飛び入りで参加して下さった方もいて、様々な意見が出て盛り上がりました。

<昼の部>楽しい算数の授業をつくる  (小学校)
 昼の部は、学力問題について考えました。大阪の学力テストの実態の紹介の後、報告、論議を行ないました。
 報告の中で、「学びは自由を獲得するためのもの」「算数のめがねで生活を見る」という話がありました。論議の中で、とある学校の研究授業のことも話題に上がりました。算数の学習では、数字の計算や操作だけですますのではなく、数量や生活の実感を伴った学習が必要であるということを確認し合いました。

<夜の部>寄りそえば子どもも変わる、親も変わる〜6年生不登校の子どもと保護者に寄りそって〜

 夜の部は若い先生の頑張りを、ということで不登校の子と関わった実践について学びました。
 報告の中で、「1年続けられることをしよう。」「10を1回するより、1を10回しよう」「小学校6年間で終わりではない」と話されたように、粘り強く子どもに寄りそって取り組んだ様子が報告されました。
 学校の中での子どもの様子だけでなく、家での様子や家族のこと、友だち関係にまで気を配っていることがとてもよく分かりました。気になる子だけでなく、同じクラスの子ども達にも、「受け入れてくれてありがとう」と先生から励ましの言葉もかけています。不登校の子だけでなく、クラス一人ひとりを大切にしていったからこそ、よい実践ができるのだと感じました。

日生連愛知サークル 6 月例会案内(2015年6月28日) 投稿者:愛知サークル587199 投稿日:2015/06/14(Sun) No.428   
6月28日(日曜日)10時〜12時半  
岩倉生涯学習センター会議室
名鉄犬山線岩倉駅直通2分(地下道からそのまま入れます)参加無料
内容; 「集団の中で育ち合う子どもたち ー紅白対抗リレーの取り組みからー」
報告者; 吉田真弓 さん
※だんだん暑い日が多くなってきました。もうすぐ学校ではプールが始まる時期になってきましたね。皆さん体の調子はどうでしょうか?子どもたちと一緒に過ごす時間は、大変なこともあるかもしれませんが、私たちに何かエネルギーをくれる感じがします。大切にしたいですね。
6月もやっぱり忙しくて、なかなか暇な時はないとは思いますが、何とか時間を作り、例会に参加して、一緒に学んでいきましょう!
6月例会は、吉田真弓さんが実践報告をしてくれます。
吉田さんは、岐阜県羽島市の公立幼稚園に勤めてみえます。日生連の夏の全国集会では、「乳幼児期の教育」分科会の世話人もされている方です。
いつも積極的にレポートを報告してくれる吉田さんの実践をたっぷり聴いて、そこから学びましょう。
※ぜひ例会・交流会(例会後の昼食会)においで下さい。
○ 次からの例会案内
      7月は、7月12日(日)   
      8月は、全国集会(東京)へ参加   の予定です。
○ 前回 5月例会のまとめ
5月例会では、箕浦啓太さんにレポートを報告してもらい、検討しました。
まず、特別支援学級を担当している箕浦さんに、生活単元学習の“構想”を提示してもらいました。
「たんぽぽ(支援学級の名前)探検隊」として、地域に飛び出しての学習をやってみたいとの熱い思いが感じられる構想でした。具体的には、校区にある牧場の牛に視点を置いて、その牛に関係させて 子どもたちの学習を組み立てていきたいとの話でした。話し合いの中では、「地域学習」のあり方がいろいろ検討されました。
*学習の方向をどのようにしていくのか。
   ・牛に出会い、牧場の方に「感謝」するだけではもったいない。
   ・授業での「発表」の内容は?
*「ひと」に出会わせることの可能性・重要さ
    牧場の方に教室に来てもらう? ビデオ出演?
*子どもたちの気づき・つぶやきを、どう拾い、どうつなげていくのか
   すごい、へえー、意外、なるほどそうなっていたのか、 EX.「牧場は、くさい!」
*集荷の場面も見せたい  牛乳の行方は?  給食にも?
*エサは、どこから?
*子どもたちが体験したこと・発見したこと・調べたことなどを
 発信していくことが大切  EX.「牛さん放送局」
 子どもたち一人ひとりにあった、出番を作る
 自己肯定感にもつながる
 箕浦さんのチャレンジは、これからです!
 この学習がどのように発展・展開していくのか、楽しみです。(鬼頭正和)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -