00662530
日生連公式交流掲示板
[日生連ホームページ] [『生活教育』の感想など掲示板] [アルバム] [ワード検索] [留意事項] [過去ログ]
お名前(HN)
合い言葉 ←「人間」の読みをひらがな4文字で入れてください。
タイトル
メッセージ
添付File (なるべく小さく、最大800KB)
暗証キー (英数字で8文字以内・自分の投稿をあとで修正する場合に使用。このページの一番下にあり。)
文字色
===画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。===

夏の京都集会のページを開設!! 投稿者:HP係 投稿日:2008/05/01(Thu) 20:25 No.14   
 夏の京都集会のページを開設しました。構想案も載せています。
 http://nisseiren.jp/2008kyoto/
 見てくださいね。 

春の研究集会 投稿者:編集子 投稿日:2008/04/28(Mon) 09:24 No.12   
 集るっていいなあとつくづく思いました。
「実践への添え木」という新しいアイデアが楽しかった昨年、「次世代の存在感」という宝をしっかりとつかむことが出来た昨日の集まり。「生活から学ぶ」ということは簡単なことではありません、でもこうやってみんなで集って子どもの見方、プランの立て方、学びのつなげ方、同僚とのつながり方などを学び合うって本当に楽しい。考えて行きたいことがずしりと心に残った研究会でした。今度は夏の集会でそれぞれの活動が交流できればいいなあと思います。参加の皆様,会場を用意して下さった学校の皆様に心から感謝しつつ。

大収穫でした - 加藤聡一 2008/04/28(Mon) 21:34 No.13
 加藤聡一です。昨日、私にとっての一番の収穫は、大島君の発表を聞いて、dispositionとは子ども理解にとってどういう意味をもつかがかなりはっきりつかめたことでした!
 Dewey研究者たちが「性向」という無理目の訳語をあてていた意味もわかりました。『民主主義と教育』を久々に読み返してみようかな。
 それから、武蔵の院生が参加してくれたのもとってもうれしかったです。
 大学の研究者の方々、院生をつれてきてくれてありがとうございます。


【無事終了】27日春の研究集会 投稿者:現地から 投稿日:2008/04/26(Sat) 11:30 No.10 ホームページ   
27日の春の研究集会は、狛江市の第三小学校で行われます。
小田急線の狛江駅から歩くと12・13分ですが、狭いくねくねした道が多いので、初めての方は迷われる方がほとんどです。
案内に紹介されているバスか、人数が集まれば、初乗りで来るので、タクシーがいいと思います。狛江駅の北側ロータリーには、タクシーが待っていることが多いです。
お昼は、近くにあるのは、そばやさんくらいです。駅まで戻ればそれなりのお店があります。コンビニは歩いて5分くらいです。
来校していただくのに、少し不便なところで申し訳ありませんが、ぜひお待ちしております。
 http://d.hatena.ne.jp/nisseiren/20080427/1208263910
 http://d.hatena.ne.jp/nisseiren/20080427/1208263910#c

もう今日ですね! - 現地から 2008/04/27(Sun) 06:14 No.11
もう今日ですね!
曇ってはいますが雨はあがったようです。
全国からもおいでませ。愛知からもすぐですよ(^_^)。
 http://d.hatena.ne.jp/nisseiren/20080427/1208263910#c


5月号 投稿者:読者です。 投稿日:2008/04/24(Thu) 22:12 No.9   
 『生活教育』5月号来ました!
 八十島さんの京都集会への熱い思いが「読者の広場」に載っていました。

6月15日 投稿者:研究部員 投稿日:2008/04/24(Thu) 21:36 No.8   
6月14日のプレ企画(浦島さん、投稿お願いします!)に続いて、翌15日も京都市内でプレ企画を行なう予定で現在調整中です。みなさん、日程をあけておいてください。京都でお会いしましょう!

投稿者: 投稿日: No.   

板橋教育・文化センター20周年の合宿 投稿者:本田功 投稿日:2008/04/24(Thu) 20:28 No.7   
 4月5日、6日に埼玉の秩父で板橋の教育・文化センターの合宿がありました。20名ほどの参加でした。、板橋の教育・文化運動をどうすすめていくかの話しあいを含め、佐藤功先生の自分を振り返っての教育実践について、設立20周年を記念しての講演会がおこなわれました。日生連の教育実践の奥深さを考えさせられました。

『生活教育通信』103号 投稿者:通信使 投稿日:2008/04/23(Wed) 01:43 No.5   
5月号はまだ届いていませんが、『生活教育通信』103号が届きました。冬の集会の報告号です。和田仁さん、谷保裕子さん、浦島清一さんの報告もぎっしり40ページ。子どもに、多彩に、多様に、豊かに働きかけているのが改めて感じられました。

Re: 『生活教育通信』103号 - 通信使 2008/04/23(Wed) 01:45 No.6
谷保裕子さんの実践には、ここまでひらがな指導をゆっくりじっくりやっても大丈夫なんだという安心感、浦島清一さんの実践には、やはり文化部なのに運動をやってしまう、やれてしまう安心感を改めて思い出しました。

生活教育5月号 投稿者:編集子 投稿日:2008/04/22(Tue) 09:09 No.4   
 そろそろお手元に『生活教育5月号」が届いていると思います。
 さっと読んだところで、心に残った言葉、内容等をお伝えください。勿論4月3月のものでも大歓迎です。

 掲示板再開ありがとうございます。これを機会に慣れない掲示板におそるおそる登場です。

春の研究集会 投稿者:はる2008 投稿日:2008/04/22(Tue) 01:49 No.3   
春の研究集会来てください。
4月27日です。
http://d.hatena.ne.jp/nisseiren/20080427/1208263910

はじめます!! 投稿者:事業活動委員 投稿日:2008/04/21(Mon) 22:07 No.2   
お待たせしました。交流掲示板を再開します。
 各地のサークルの様子、2008京都全国研究集会の案内など、どしどし書き込んでください!
 よろしくお願いします!

投稿者: 投稿日: No.   

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -