『生活教育』感想など掲示板
[リストに戻る] [日生連HPに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
教員免許更新制と初任者研修・10年研修のゆくえ - info16523 2010/08/19(Thu) No.142

教員免許更新制と初任者研修・10年研修のゆくえ 投稿者:info16523 投稿日:2010/08/19(Thu) No.142
民主党政権のもとで、教員養成・研修の大幅見直しの議論が急ピッチで進んでいます。免許更新制廃止の話が後退していることが危惧されます。
 主たる議論の場は、
 中央教育審議会「教員の資質能力向上特別部会」
 で、第3回が平成22年7月27日に行われています。
 「各論点に関する主な意見(第2回特別部会まで)」
http://www.kyoi-ren.gr.jp/siryou/H22/220727/220727_siryou_04.pdf
で注目される意見は、
 「・・・教員免許のクオリティを上げるために、カリキュラムを増やせば増やすほど、都市部では競争倍率がさらに下がり、質の低下につながる」
 「何かが足りないからこういう勉強をさせる、こういう単位を増やすという考え方を続けていては、養成段階の質を変えていくことはできない。」
で、これらの意見は「カリキュラムのアポリア(難問)」(あるいは「カリキュラムの呪い」)ーカリキュラムの肥大化との苦闘が自覚されているといっていいでしょう。カリキュラムがどんどん肥大化していくと、当初の目的の達成が困難になってしまう問題です。
 初任者研修制度については、東京都の場合、今年平成22年度から大幅な変更がありました。
 「東京都若手教員育成研修について」
http://www.kyoiku-kensyu.metro.tokyo.jp/oshirase/data-wakate/wakate.pdf
 校内の研修が300時間から180時間に、校外の研修が25日から16日と大幅に削減されています(2年次研修、3年次研修が30時間に増えた)。初任者退職者が何人も出たり、自殺者まで出たりするところまできていて遅すぎる「手直し」でした。


- 関連しての投稿

お名前
合い言葉 ←「希望」の読みをひらがなで入力してください(スパム対策です)。
タイトル
メッセージ
暗証キー (英数字で8文字以内・自分の投稿を修正する場合に使用。入力しなくともかまいません。)
文字色

- 記事修正&削除フォーム
処理 No. 暗証キー