『生活教育』感想など掲示板
[リストに戻る] [日生連HPに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
タイトル石井拓児論文によせて
投稿日: 2019/08/06(Tue)
投稿者研究部K-415439
参照先

 大会実行委員長の石井拓児さん論文「学校づくりの困難をどうとらえ、どう切り拓いていくか」(52ページ〜)は、8月号ではじめて読んだので、読むまで基調報告案とどう関係するか不安ではありましたが、この10年をとらえた基調報告案に対して、『生活教育』の原点の「宣言」から日生連をみていただいたのがとてもうれしい。
http://nisseiren.jp/siryou/sengen.html

 石井先生のほかの論文からキーワードを引いておきます。

 競争的教育環境
 連続的教育評価システム
 主体性→学校→教育自治

 連続的教育評価システムが強力に機能している新自由主義的競争環境のなかで、学校の自律性から教育自治を生み出そうとする。この困難(矛盾)は働き方も含めて、教職員集団のあり方にあらわれる。どうすれば、というところが問題意識でしょうか。

石井拓児さん
https://www.educa.nagoya-u.ac.jp/faculty/ishii-t/
https://researchmap.jp/read0056055/

- 関連ツリー

8月号届きました - info410659 2019/07/30(Tue) No.237
     ├ 〈必要〉 - info410659 2019/07/30(Tue) No.238
     ├ 儀間実践 - info410659 2019/07/30(Tue) No.239
     ├ 儀間実践によせて - 研究部K 2019/07/31(Wed) No.241
     ├ 基調報告案web版 - info412946 2019/08/01(Thu) No.243
     ├ 育ての心 - info413169 2019/08/03(Sat) No.251
     ├ 尊敬と必然 - 研究部K 2019/08/03(Sat) No.253
     ├ 4つの原則を入り口に - info415365 2019/08/06(Tue) No.255
     └ 石井拓児論文によせて - 研究部K-415439 2019/08/06(Tue) No.256


- 関連しての投稿

お名前
合い言葉 ←希望を「○○○」を入力してください(スパム対策です)。
タイトル
メッセージ
暗証キー (英数字で8文字以内・自分の投稿を修正する場合に使用。入力しなくともかまいません。)
文字色