日本生活教育連盟にっせいれん

日生連topページに戻る

2021年 夏季全国研究集会(石川)

 2020年の開催は1年延期して、2021年に開催する予定です(常任委員会・2020年4月10日)。


石川集会延期のお知らせ(常任委員会 2020年4月10日)
 まことに残念ですが、常任委員会は新型コロナの感染が全国的に急増している中での2020年8月9日〜11日の日生連第72回全国研究集会石川大会開催実施は困難と判断し、1年間延期して、2021年の夏に石川で開催することを決めました。
 来年の日程や会場等の詳細は、これから改めて開催準備にとりかかることになりますので、後日みなさまにお知らせします。
 石川実行委員会のみなさまは、すでに配布した大会要綱の通り、会場を確保し、記念講演講師もきまり、教育委員会、テレビ、新聞各社からの後援を受けて、「参加申し込み」を開始した矢先のことでした。まことに心苦しい判断になりましたが、現在の全国的な感染の広がりをとらえ、「やむをえない決定」と受け止めています。
 石川大会延期に伴う22年度以降の全国集会開催地の変更について、22年度以降は、従来の予定を1年ごと延期して開催することとします。2022年度は埼玉県・2023年度は北海道になります。
 私たちは、誰もが感染していてもおかしくない状況にあるという現状認識を持ってほしいと呼びかけられています。そして、一番のウイルス対抗策は“三密”を避けることだと言われています。しかし、それを実行するには、子どもが集うことが当たり前の学校という環境は最も難しい場所ではないでしょうか。学校と教師は、過去に経験のない対応に迫られ、精神をすり減らしていることと思います。みなさんご自愛ください。
 この困難を乗り越え、2021年夏には石川での研究集会に集まりましょう。




20190816up+yoko20200324+0327+0411延期